公共事業請負会社もコンサルタントを頼りにすることがある

建設会社や電気工事会社などは、公共事業を請け負っている業者としても知られていますが、天候に左右される業種でもあります。しかも仕事の受注がとても難しいと言われているのですが、このような業種でも経営コンサルティング業者をとても頼りにする傾向にあります。実際に建設会社や電気工事会社などが経営コンサルティング業者を訪ねて相談したら、収益が一気に上がったという業者も存在しています。

災害が多い日本だからこそ、技術も伸びてきた

台風や地震など、災害が多い日本の建築や電気設備などの技術は世界一となっているのですが、他の大手企業のように、受注がなければ海外へ進出というわけにはいきません。何としてでも国内で仕事を取らないといけないのですが、経営コンサルティング業者に相談してアドバイスを受けただけでも全く売り上げが変わってきます。

 

主に受けたアドバイスは、技術の向上と人員の育成、一般家庭へのサービス進出なのですが、これによって人材不足が改善され、売り上げも伸びて信頼性も高まったため、やり方次第でこれほど大きく変わってくるのです。